岩手住環境技術研究会 | 岩手県の気候・風土にあった真の高断熱・高気密の家

トップイメージ

岩手住環境技術研究会は、最も歴史のある地域グリーン化事業の採択グループです
2015ハウスオブザイヤー イン エナジーにて、優秀賞を受賞しました
この度、会員間の複数の物件でエントリーしました
岩手県の気候風土に根差した住まいが認められた事は大変光栄ですし、今後も皆様の健康と安全の為に会員間で力を合わせて活動していきます  

 

補助金情報はこちらをクリック


わずか20年程度で寿命を迎え、木材の乱伐を助長する日本の住宅建築。結露によるカビやダニ、新建材などの乱用による住源病の蔓延…。いまほど、人間と地球にやさしい住まいが求められる時代はありません。

単純に光熱費を抑制するだけでなく、CO2排出を抑えた、後世に負担を掛けない家づくりが求められます。

岩手住環境技術研究会は、岩手に暮らす私たちにとって、「健康で快適な住宅」を真剣に考え、エコロジーに配慮した住宅を具体化する技術を研究し、その普及を目指しています。

 

岩手住環境技術研究会Facebook

https://www.facebook.com/iwate.jukan


news

2014-08-09
活動報告はフェイスブックでもお知らせしています, 詳しくはこちら
2013-07-17
いわき市へ研修に伺いました, 詳しくはこちら
2013-06-14
25年6月定例会 U値計算講習会, 詳しくはこちら
2013-04-14
平成25年 第26期の総会, 詳しくはこちら
2013-02-27
地域型住宅ブランド化事業に採択されました, 詳しくはこちら